ecoconとは

全国大学生環境活動コンテスト
〜 環境に関心のある全国の大学生が1年に1度集まり、発表・交流・学習する場 〜


 ecoconの理念

コンセプト

 学生環境活動はecoconと共に成長の歴史をたどってきたと言えます。ここ数年で企業がCSR活動として環境分野の活動を行う事例も多くあり、社会全体においても省エネや環境負荷低減に対する意識が高まっているように思われます。環境活動にとって追い風とも言える昨今の流れをチャンスと捉え、今後の世界を担っていく若者の活動も、さらに発展していかなければなりません。

 しかし、さらなる飛躍のためには、乗り越えなければならない壁も依然存在します。これまでの参加者から、次のような声が寄せられています。「自分達の活動は本当に環境問題の解決に貢献しているのか?」「より効率的、効果的な活動がしたい」といった活動に対する思い。「環境に興味がない人たちにも活動を知ってほしい!」「楽しく元気なイメージをアピールできている?」といった周囲や社会への普及に関する声。「同じ志を持った仲間が欲しい!」「企業や社会人と交流する機会が少ない…」といったネットワークに関する要望。

 こういった環境活動学生たちの声と、学生スタッフ自身の環境活動経験からecoconでは次の三つを“学生環境活動のさらなる発展に重要となる要素”ととらえました。それが、@活動そのものの質、A社会から持たれるイメージ、B社会との繋がりと学生同士のネットワーク、の三つです。
 そこでecoconでは、@社会からの評価による学生環境活動のさらなる質の向上と、A社会への発信、B社会や学生同士のネットワークの形成に取り組むこととしました。それを通じ、学生環境活動の活性化を通した持続可能な社会の実現を目指します。  @は、コンテスト形式であり社会人選考委員や他の参加者からのアドバイスを得られるという強みを活かして、これまでの活動を振り返り、活動の本質を見極める場を提供していきます。それにより、学生環境活動の質を向上させます。Aは、環境分野におけるecoconの発信力という強みを活かし、学生環境活動そのものの認知度を高め、プラスのイメージをより広めていきます。このことにより、学生環境活動の認知と共感を呼び、他の活動主体の鼓舞につながります。Bは、環境分野におけるネットワークという強みを活かし、選考委員をはじめ、協賛企業や分科会講師との交流の場を提供し、学生同士や社会人と学生がつながる機会を設けます。このことで、互いが切磋琢磨し合い、協働による新たな活動の創出にも結び付くでしょう。
ecocon2013学生代表 北祐樹