エコット (ecocon TALK)

- Category - コンテンツ紹介

昨年行われたエコットを紹介します!

☆概要☆

『エコット(ecocon TALK)』は、コンテスト2日目の午前中に行われる分科会です。
昨年度のエコットは5つでした。

☆昨年のエコット

No.1 環境×企業 『eco innovation 2016』
担当:柴田翼、橋爪真理、青木昭親 場所:センター棟102号室

14671180_1147182418711695_8081207202588788547_n

―――今、ecoconでしかできない「話し合いの場」がある―――

 

2016年はあなたの団体、そしてあなた自身にとってどういう年だったでしょうか。
もちろん、今年はまだ終わっていませんし、まだまだ振り返るには早いかもしれません。
しかしエココン当日を迎えた朝、あなたは2016年をどう振り返るでしょうか。
パリ協定やSDGsなど、これから世界を支えていくための様々な提言が近年されている中、
あなたは本当にこれからの世界、強いては日本にとって“よい”と思われる活動をしてきたと胸を張って言えますか―――
胸を張って言えるという方も、自信がないという方も、ぜひ一度自身の活動を振り返りつつ、
環境分野で実際に活躍されている社会人の方を交えながら、「環境によい日本社会」を作るにはどうしたらよいのか、
話し合ってみましょう!

 

今年の環境×企業エコットでは、上のような、普段なかなか話し合えないようなテーマで語り合う場を提供いたします。
どのような内容になっても、アイデアになっても構いません。社会を環境分野でより良くしたい!という方、
そんな大きな事は言えないけれど、企業が実際にどのような環境活動をしているのか気になる…という方も大歓迎!

 

当日は、昨年も大好評でした「秘密のエコ企業BOOK」も参加者限定でお配りしますので、
それも参考にしながらぜひ熱く語っていただければと思います。
今、ecoconでしかできない「話し合いの場」がある―――皆様のご参加、お待ちしております!
No.2 環境×食 『代々木フードロスサミット!~みんなで減らせばかたくない~』
担当:安部晃司 場所:センター棟416号室

14690987_1145802018849735_1849829271191494858_n

このエコットで扱うテーマは、「フードロス」です。
誰もが避けて通れない「」に関する環境問題に、
①知る→②考える→③行動する
と、段階を踏んで、アプローチしていきます。

①知る 〜身近なフードロスの現状を語る!フードロス報告会〜
まずは、フードロスについて知識を深めていきましょう。
日々、フードロスを目の当たりにしている大学生たちによるトークセッション。
このトークセッションを通じて、様々な場面でのフードロスの共通点、相違点を
探っていきましょう。同世代の話だからこそ、気づけることもあるはずです。

②考える 〜フードロス作戦会議〜
フードロスを解決するにはどうしたら良いか?
トークセッションの内容を踏まえて、みんなで考えてみましょう。
今の自分にも、背伸びしないでできる、楽しい方法を見つけていきましょう
③行動する 〜????〜
これは、当日までのお楽しみ。
・フードロスに興味のある人
・食べることが好きな人
・まだ見ぬ新たな「仲間」に出会いたい人
大集合です!!

No.3 環境×自分 『かんきょうコーヒー・ハウス ~環境問題を自分ゴト化する〜』

担当:小林すみれ 場所:センター棟501号室

14650260_1147986525297951_6267965909320139327_n

全国各地から環境活動をしている学生が集まってくる貴重な機会。
志を共にする仲間と環境について、もっと自由に、もっと本気で語り合いたいと思ったことはありませんか?

このエコットでは、環境問題を「他人事」としてとらえず、「自分ゴト」として当事者意識を持つにはどうすればよいのか、
みんなで語り合いながら、環境問題に対する意識をさらに深めていきます!

 

まずは、身近な買い物というシチュエーションで環境に配慮するためのルールを作り、
その後環境を「自分ゴト化する」ことに関する色々なお題の中から好きなものを選んで、
グループトークを行う予定です。
グループトークのお題は
・環境活動をはじめるきっかけは?
・動物や樹木、川って裁判で原告になれるの?
などなど…

 

十人十色な意見が出てくるからこそ、ワクワク熱くなること間違いなし!
企画の最後には、仲間と語ることを通して、環境問題を自分ゴト化した皆さんに、
この企画オリジナルの方法で、今後の目標を立ててもらいます。
熱く、自由に仲間と語ってみたい方、ぜひぜひご応募ください。

No.4 環境×学生 『【速報】EcoMAP解散か!? ~ピンチから学ぶ団体運営~』

担当:村岡俊一 場所:センター棟310号室

14690936_1148953961867874_9024443426262092754_n

様々な環境団体が一堂に会するecoconだからこそやりたい企画!
まずは皆さんに、存続の危機に陥っている環境サークル「EcoMAP」の様子を見ていただきます。

ピンチに陥っているチームを題材に、グループワークやディスカッション、
講義などを通して、とことん団体運営について考え抜いていただきます!
・どうすれば活気のあるチームを作れるのか。
・活動の意義やニーズの捉え方って?
・あるいはこのまま終わらせるという選択肢もあるのか…!?
一度は抱えた事のある、あるあるな悩み事が、楽しくサクッと解決できちゃうかも!
ワクワク楽しい、それでいて充実感のあるひと時が過ごせます。
お待ちしていますっ!♪♪
※本エコットは、某国民的アイドルグループの解散報道とは一切関係はありません。

 

No.5 環境×仕事+自然×若者 『仕事と自然を切り口に未来を考えよう』 
担当:松井宏宇 場所:センター棟309号室

matsuiecot

1.【環境×仕事】 仕事は環境コンサルタント→環境NGO!
~学生時代の活動のおかげで仕事を獲得。学生時代の経験が生きる仕事~
かつてはみなさんと同じ環境サークルで活動し、卒業後は環境コンサルタントに就職、
そして転職し、今は日本自然保護協会という環境NGOで仕事をしています。
いまみんなが頑張っている環境サークルの活動、将来に活かせるのかな?
そんな風に思ったりしたことはありませんか?

・学生の活動のどんなところが仕事にいきるの?
・環境NGOの仕事とは?

自分自身のキャリアパスを事例にしながら、こんな疑問に答えます。

2.【自然×若者】いま若者が自然保護になぜ関わるか?
環境サークルなどに所属しているみなさんは、自然のことほんとに知っていますか?
どこか遠くでおきている問題ではなく、私たちの身の回りにある自然のこと、
若者だからこそ、私たち自身に降りかかろうとしている問題について考えてみませんか?

・自然保護ってそもそもなんだろう?
・生物多様性とは?
・どうして若者が関わる必要があるの?

そんな環境サークルなどに所属しているからにはぜひ知っておいてもらいたいことについて
お話していきたいと思います。

ぜひご参加ください。
☆昨年の様子☆
dsc0005dsc0004