エコスタイルカフェ(えこすたいるかふぇ)

homepage_logo facebook_logo twitter_logo
地域
九州
カテゴリー
環境教育、学内、小学生
団体種別
大学内学生団体
設立年
2010年
団体概要
部員:2年生4人、1年生3人
活動の背景と目的
北九州市では毎年 10月に「エコライフステージ」という西日本最大級の環境イベントが開催されています。しかし新たな出展者の掘り起こしや、年齢層の高く若い世代の参加が少ないという課題がありました。そこで北九州エコライフステージ実行委員会からの相談を受け、「エコスタイルカフェ」のプロジェクトは 2010年から始まり、3つの目標を掲げ発足しました。1点目は「若い世代の代表として実際に自分たちがイベントへ出展するとともに北九州市他の団体が行っている環境への取り組みを学ぶ」こと、 2点目は「来場者との関りや交流の場をつくる」こと、 3点目は「環境に対する問題意識や活動を若い世代に受け継ぐ」ことです。
今年は昨年と引き続き「食と環境」をテーマとしましたが、特に「水と地産地消」に焦点を当てました。なぜならば私たちが利用している水道水は川の水を浄水場で塩素等により浄水されてから、各家庭に届けられることは皆さんご存知でしょう。しかし川が汚いと浄水に塩素やエネルギーが多く必要となりまたコストもかかります。それでは川をきれいに保つためにはどうすればよいのか。私たちはある農家の方の「子ども田植え体験」のお手伝いをした際に新しい方法を考えました。それは山を手入れしている川の上流地域の住民の生活を守るために、地産地消を推進しその地域の商品を買う事で、経済的な支援が出来ると考えました。これを伝える為に日々学びながら活動をしています。
活動内容
エコライフステージでの企画・出展
学内での講義の開催
小学校での出前授業
昨年のスケジュール
5月 新たなメンバーを迎え、プロジェクト開始週1回のミーティング、勉強会、企画の立案を行う
5月 水わくわくフェスタで水について学ぶ
6月 井手浦浄水場見学・職員の方にインタビュー子供田植え体験ボランティア参加・インタビュー
10月米屋さん・米農家・水道局の方と対話・イベントで商品を使用するため交渉
西日最大級の環境イベント「エコライフステージ 2015」の出展
11月小学校での出前授業
1月(予定)学内のボランティア活動発表会「地域活動発表会」に参加
大学内の講義「環境都市としての北九州」にて、1コマを使い「水と地産地消」についての講義