環境省主催「大学生等によるESD・環境教育「見える化」レポート・プロジェクト」学生レポーターを募集!

この度、環境省総合環境政策局環境教育推進室が実施する「大学生等によるESD・環境教育「見える化」レポート・プロジェクト」において、全国各地のESD・ 環境教育等の取組を取材する「大学生レポーター」の募集を行います。

1.実施する内容

○日本全国の各地におけるESDの取組事例の取材を行う。
○レポーターの取材の結果をとりまとめた冊子を作成する。
○FacebookやInstagram等のSNSを活用して取材した内容を全国に発信する。

2.参加条件

○全国の大学生、大学院生、専門学校生、高等専門学校生が募集の対象です。
○下部にある募集要項、応募規約を読み、内容をご記入したエントリーシートを
事務局までお送りください。
○参加費は無料です!
○約6ヶ月間にわたる取材や研修にかかる交通費はすべて無料です!

3.参加によるメリット

○日本全国の先進的なESDプログラムを体験することができます!
○自分の体験したこと、取材したことを文章にして、冊子やSNSで全国に発信する
ことができます!
○取材の方法、文章の書き方などの専門家から助言を得られ、スキルアップができます!
○全国各地から集まる、同じ志を持つ大学生等と仲間になれます!

4.支援体制

プロジェクトの実施にあたり、取材の手法やとりまとめの方法などについて、下記の専門家の方々にプロジェクトを支援していただきます。

氏名所属・役職
上田 壮一一般社団法人Think the Earth理事
指出 一正株式会社木楽舎 月刊ソトコト編集長
辰野 まどか一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
専務理事/事務局長
鶴見 香奈子株式会社メディア・シェイカーズ R25副編集長
新田 英里子認定NPO法人 日本NPOセンター事務局長

また、下記の専門家の方々がメンターとして取材時の相談に応じます。

氏名所属・役職
今井 麻希子株式会社yukikazet 編集・ライター(東日本担当)
田中 輝美ローカルジャーナリスト(西日本担当)

5.スケジュール

【選考までのスケジュール】

時期内容
〜8月8日(月)・ 募集締め切り
エントリー受付後随時 ・ 一次選考(書類審査)
・ 二次選考(skype面接)

【選考後のスケジュール】

時期実施場所内容
9月9日(金)
〜10日(土)
(1泊2日)
東京・静岡 ○事前研修会
・ 取材等に関する研修会の実施(東京)
・ 環境教育を体験(静岡)
9月中旬
〜11月中旬
全国各地
(エントリー時に志望した地域)
○取材1回目
※地域において、色々な機関・団体が連携して環境保全に取り組んでいる事例の取材を想定しています。
11月3日 東京 ○中間研修会(ワークショップ)
・ 1回目の取材の気づきの共有
・ 2回目の取材で意識することの確認
・ 情報発信の方向性・手法の検討
12月〜1月 全国各地
(エントリー時に志望した地域)
○取材(2回目)
※取材先は、地域の中でレポーターと事務局が話し合って決めます。
※2人1組で、取材を行います。
2月 東京 ○報告会(ワークショップ)
・ 2回の取材の結果発表
・ 情報発信のための最終作戦会議

6.応募締め切り

2016年8月8日 (月)


7.申込み先

お問い合わせ先:ダイナックス都市環境研究所 
ecocon・ESD「見える化」レポート担当(北本・江沢・谷口)
電話:03-3580-8221
メール:esd-mieruka-reporter★dynax-eco.com (★を@に置き換えてお送り下さい)

詳しくは、下記リンクをダウンロードしてください↓

 募集要項→リンク(pdfファイル)
 エントリーシート→リンク(wordファイル)
 応募規約→リンク(pdfファイル)